A little while ago, Aline baited me into visiting the newly opened “shopping paradise” Sihlcity, by inviting me to a 5D cinema screening. That sounded like a worthwhile experience, so I bit the bullet and agreed to accompany her to the mall for a few hours before I finally got to sit down in a cinema chair.
5次元の映画館は、あなたの顔にスプレーし、移動席と香り、風、水蒸気を組み合わせた3Dメガネの復活を兼ね備えています。
香りは、特に例えばのolefactory感覚を私たちに提供してしまい、我々は見て動物のアニメーション映画、与えられた、確かに面白かったRhinoの背後にある。素敵な、あなたが想像することができますか?彼らはあまりにも毎回強制見えたが、また、風や水蒸気は、興味深い追加しました。
その後、移動椅子がありました:あなたはそれがアイスエイジ2で起こった多くの方法で、洞窟を通してスライド氷のクマを持っているときは、周りの揺れ椅子を想定したい。代わりに、彼らは前後にバウンスさとハード、彼らは反対の位置に到達するたびに、あなたを振って。映画のメーカーはあなたも快適に得ることについて考えていないことを確実にしたかったかのようだった。
全体冗談最悪の側面は、我々はそれがショーを "楽しむ"ために私達の費用が12スイスフラン(〜7.50€)のためwhoppin '映画の15分、途方もなく愚かなクイズ番組の10分を得たことだった。と私は、画面上の3Dアニメーションや香りのような、実際にやったので、ロッキングチェアがフェードアウトする問題のあまりありませんでした。しかし、それだけで停止しました。何がぼったくり素晴らしい。
私は再びこのがらくたを体験しに行かなければならないものでした。

またようなことがあります

コメントは受け付けていません。